実家マンションを自分たち仕様に。里帰りリノベーション思い出がふたたびよみがえる場所。

横浜市 藤村様邸

実家マンションを自分たち仕様に。里帰りリノベーション思い出がふたたびよみがえる場所。

横浜市 藤村様邸

お住まいは静岡県の戸建て住宅。ご実家のある横浜のマンションをご両親から引き継ぐと同時に、スケルトンからのリノベーション。場所も、住まいも、がらりと変えたご夫妻ですが、こだわりの新居にはこれまでの思い出がしっかり詰まっていました。

タイミングが重なって、
二度目の横浜暮らしを決意

「静岡から川崎まで、ずっと新幹線通勤だったんですよ。16年間」

そう語るのは、今回のリノベーションストーリーの主人公、藤村夫妻のご主人。生まれは九州、育ちは横浜。就職とともに静岡に移り、戸建のマイホームを建てたものの、お仕事の都合で過去16年間の職場は神奈川県の川崎市や東京都内。はるばる新幹線で通勤していました。横浜にはご両親と妹様が住んでいたご実家のマンションがありましたが、妹様もご実家を出られ、ご両親は施設へ。そこで、藤村様ご夫婦がその家を引き継ぐことになったのです。ちょうどお子様が独立し、戸建の広い家に夫婦二人もどうかな・・・と思い始めたタイミングでした

横浜のご実家マンションは築35年。ずっとリフォームもしていなかったため、設備は老朽化し、北側の玄関にはカビも目立つような状態。引き継ぐにあたり、藤村様は一つの条件を出しました。

「スケルトンリノベーションさせてもらうこと」かくして、ご実家再生も兼ねた藤村夫妻のリノベーションストーリーが幕を開けました。

「技術屋」という
ご主人のこだわりに
どこまでついてこられるか

リノベーションをすると決めたら、まずはインターネットで情報収集。大手メーカーから地元のリフォーム会社まで、幅広く探していきました。その中で目を引いたのが、セキスイのマルリノが打ち出していた「断熱リノベーション」。他では見ないコンセプトが藤村様の心を掴み、セミナーに参加することにしました。その日は参加者が少なく、まるで一対一のプライベートセミナー。丁寧な説明が大変好印象だったそう。

なにより決定打となったのは、マルリノ担当者の「粘り強さ」。実は藤村様、空調設備の技術職に就いており、細かい設計や技術関係はお手のもの。お住まいへのご要望も明確で、プランニングに関しては数センチ、いや、数ミリ単位でこだわる徹底っぷり。他社が「言われたまま」の似たようなプランを提案する中、マルリノは5,6パターンの異なるプランを次々提案していきました。度重なる変更依頼にも嫌な顔を見せず応えてくれるその粘り強さを買い、マルリノでのフルリノベーションがスタート。11月に設計が始まり、藤村様は会社帰りにセキスイのオフィスに足繁く通って念入りに打ち合わせ。プランが固まったのは翌年2月。実に4か月にわたる、濃密なプランニング期間となりました。

「狭さが心配」から、
「コンパクトで便利!」に

※画像はプランニング時のイメージ図

「戸建からマンションへの引っ越しですから、一番の懸念は広さの問題でした。“狭さを感じないように”を第一に考えて、何回も何回もプランを変えたんです」

リノベーション前のご実家は、小さく分かれた居室4室とDK、各部屋の広さよりも部屋数を重視した古いつくり。二人で住む藤村ご夫妻に部屋数は必要ないため、当初から「広めのLDKと寝室だけ」と決めていました。最終的には家具配置等の都合上、LDKの脇に書斎を一部屋設けることとなりましたが、それでもLDKは十分な広さ。その書斎も、お母様が泊まられる際にゲスト用寝室に使われるなど、多用途に活用されています。

LDK以外で広さにこだわったのは、お風呂。静岡の戸建では一坪ほどあった浴室も、一般的なマンションではもっと小さくなりがち。「それじゃあ全然くつろげない」と、最初に水まわりのレイアウトから優先的に設計していくほど。さらにもう一つ、藤村様邸は玄関もマンションとは思えないほど広々です。「広すぎてもったいないかな」とご主人は笑いますが、このゆとりのある玄関はきっとお客様に好印象を与えているはず。さらに、収納計画にも気を遣いました。戸建からの引っ越しということもあり、荷物の絶対量が多い。全部は持ってこられないとしても、なるべく収納スペースを確保できるよう、デッドスペースを上手く収納に活かすなど随所に工夫を凝らしました。当初は最近のマンションに多く見られるウォークインクローゼットも計画していましたが、「本当にスペース効率がいいだろうか?」と考え直し、自分たちの間取りと荷物量に最も合う収納形式を何度も検討し直したと言います

こうした広さへのこだわりが実を結んでか、実際に住み始めた今、狭さが気になることはないと藤村様。むしろ、マンションならではのある“利点”に気付きました。

「いざ引っ越して生活してみると、確かに面積的には狭いんですけど、逆にこのコンパクトさが生活しやすい。年も取ったせいかもしれませんが、二階への上り下りの面倒さと比べると、どこに行くにも距離が近くて便利(笑)。これは本当に意外でしたね」

大切な思い出は、
新しい家でもそのままに

大切な思い出は、
新しい家でもそのままに

長年愛用されているライティングビューロ
(※書き物もでき、収納もできる家具)

ところで、フルリノベーションされた真新しい藤村様邸を眺めていると、あちらこちらに使いこまれた家具が置かれていることに気付きます。キッチンの食器棚やテーブル、寝室のライティングビューロ、壁にかかったクラシカルな時計。これらはすべて、静岡のお宅からそのまま持ってきたものだそう。

「新居に持ってくる家具を基準にして、間取りや寸法を決めたんです。とはいえ特別なものではないのですが・・・」と奥様。しかしよく見ると、寝室のライティングビューロにはご夫婦のイニシャル、時計の裏にもご結婚後すぐの日付が。聞けば、30年前のご結婚当初から愛用されているものたちとのこと。食器棚はキッチンの壁にすっぽり収まり、整理だんすと天井のすき間は無駄なく収納スペースに。30年間愛用してきた家具たちが、新しい住まいにまったく違和感なくなじんでいます。

こうした「これまでの暮らしを活かす」工夫は、キッチンのレイアウトにも見られます。リノベーション前は壁側を向いていたキッチンを、リノベーション後は対面式に変更。カウンターの斜め前には窓が広がり、開放的な気分でキッチンに立つことができます。実はこれ、静岡のお住まいとほとんど同じレイアウトなのだそう。

「静岡の家はキッチンの前に窓が開けていて、庭が見えていたんです。だからそれがなくなってしまうのは寂しいかなって。レイアウトの並びも前の家と一緒。だから、使い勝手はそのままなんです」

リノベーションと言うと、暮らし方も一新させる、というイメージが強いもの。しかし藤村様邸を見ていると、これまでの暮らしで大切にしてきたものたちを、新しい住まいに引き継ぐことの大切さが分かります。思い出が、ふたたび生き生きとよみがえる。そんな気すらしてくるのです。

「こんなふうに、まるで全然違う家のように変えられるっていうのは初めての経験。だから、ちょっと不思議な感じがしますね」と奥様は笑いますが、その中にも、たしかに変わらないものがある。そのバランスを上手に取ることができるのも、リノベーションの醍醐味なのかもしれません。

ごまかせない「プロの目」に、
マルリノの断熱性はどう映ったか?

広さや使い勝手以外にも、藤村様がこだわった点がもう一つあります。それは、断熱。なるほど、空調設備の技術者ならではのポイントです。そういえば、もともとマルリノに興味を持たれたのも、「断熱リノベーション」というコンセプトに惹かれたのがきっかけでした。積水化学製の断熱材を独自で性能調査されるなど、藤村様の着眼点はまさにプロ! さて、マルリノの断熱性は、そんなお眼鏡に適ったのでしょうか?

「ひとことで断熱と言っても、その方法は各社でまったく異なるんです。だけど細かく質問すると、普通の営業やプランナーの方だときちんと回答できないんですよね。セキスイさんの場合、断熱材の技術に詳しい方から、しっかり説明していただけました。職業柄、こちらの質問にどう回答するかがどうしても気になってしまうのですが(笑)、技術的にも納得できましたね」

ご入居されたのは7月。まだひと夏を過ごしたばかりではありますが、リビングのエアコン一台で寝室の奥までしっかり冷えたことからもその性能は実感済み。リノベーション後はHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を導入し、家中の電力を可視化している藤村様ですが、数値的にもそれが表れているそう。例えばエアコンを使っても、電力使用量がそこまで大きくならない。断熱性のおかげで、エアコンを付けていない間も室内温度が上がりすぎていないことが分かります。これから冬がやって来て、断熱性をさらに実感できることでしょう。

また、現場見学会に参加した時に、強い西日が入り室内がかなり高温になることに気付いた藤村様。西側の窓には遮熱ガラスを入れてもらうように頼み、サッシの熱対策も万全です。

リノベーションじゃないと
得られなかった満足感。

今回のリノベーションを機に、静岡から横浜へと生活拠点も移された藤村様。引っ越し後の暮らしについては、当然、いろいろな変化が起こっています。

「引っ越し前に苦痛だったのは、なんと言っても新幹線通勤。30分に1本の新幹線の時間に合わせて仕事もすべて終わらせなくてはならなかったので」とご主人。16年続いた新幹線通勤とも、もうお別れです。そして奥様にとっては、初の都会暮らし。近辺の商店街や電車で簡単にアクセスできる都内の人気エリアなど、いろいろな街を散策するのを楽しみにしているそう。さらにこちらではお仕事も見つけ、まさに新生活のスタート。「あんまりうろうろしていると、おいしそうなものとか見つけちゃってお金がかかるから、働きながら楽しみたいなと思って(笑)」と期待に満ちた様子です。ここがもう少し駅から近ければ、と思うこともあるそうですが、一方で、この満足はリノベーションでなければ叶わなかったともおっしゃいます。

「例えばどこかもう少し利便性の高い場所のマンションに引っ越したらって考えても、間取りやいろいろな面で満足できない可能性があったと思います。その点では、やはりリノベーションっていうのはすごくいい選択肢。自分の好みや考えを反映できますから」

そう語るご主人の横で、くすくす笑う奥様。「だって、こんな人いなかったでしょ? タオル掛けの高さをミリ単位で指定するなんて」 それにはたまたま話を聞いていた息子様も、思わず呆れてしまったとか。しかし、そうした小さなこだわりのひとつひとつこそが、住まいの快適さを形作っていくもの。こだわることで、無駄になるものは何一つないのです。

思い出のあのケーキを、
ふたたび焼く日がもうすぐ訪れる。

思い出のあのケーキを、
ふたたび焼く日がもうすぐ訪れる。

今は施設にいるというご両親はもちろん、独立されたお子様たちも横浜の近くにお住まいの藤村一家。ご夫妻が横浜に来たことで、これまで盆と正月くらいしか会わなかった家族が、今では毎週のように顔を合わせるようになりました。ご両親は御年80歳を超え、ご主人は「これが最後の親孝行かな」と感慨深そうに語ります。また、ご主人が出張で家を空けるときには、お嬢様が泊まりに来られることもしばしば。家族の距離は、リノベーションによってぐっと近づきました。

「ケーキ作りも再開しようかな」・・・え、ケーキ作り?

「実はわが家には、それぞれの誕生日に“お父さんがケーキを作る”っていうお決まりがあるんです。いろいろなケーキに挑戦してきたので、型や泡だて器も揃っているんですよ。ただ最近はすっかり忙しくなってしまったのでずっと中断していて・・・それを再開してみようかと思っているんです」

「そういえばそんなこともあったなって思い出しました(笑)」と奥様。ご家族が集まりやすくなった今、次のお誕生日には、きっとご主人力作の手作りケーキが華やかに食卓を飾ることでしょう。

結婚記念に買いそろえた家具。家族で続けてきた恒例行事。日々の暮らしの中で忘れかけていた思い出の数々が、リノベーションによって今ふたたび輝き始めました。30年ぶりに戻った、懐かしい土地。新しい住まいに引き継がれる、大切な思い出。藤村様のグッドリノベーションストーリーは、ケーキが焼ける甘い香りに包まれていました。