20年目のご自宅をリノベーションしようと決意。心機一転、しなやかに生きる女性の、妥協しない自分らしさを楽しむグッドリノベーションストーリーです。

暮らす場所は変わらない。
でも、「暮らし方」が変わったから。

生まれも育ちも、そしてお勤めも横須賀市内。「私、“じもっぴー”なんですよ」と笑う秋田さんが、JRと私鉄の2駅を利用できる便利なこの場所にマンションを購入したのは、今から約20年前。20代も後半を迎えた頃でした。

その当時、ちょうどこの辺りに大きなショッピングモールがオープンし、秋田さんは買い物に来るたびに「便利な場所だな」と感じていました。そして見つけた、このマンション。存在を知ったころにはすでに分譲の抽選が終了していましたが、運よくキャンセルが出たと聞き、「これしかない!」と購入を決意。勝手知ったる住み慣れた街に、憧れの新築マンションを手に入れたのです。それから20年。マンションの住み心地は「まあまあ満足」。当時二人暮らしだった秋田さんにとって3LDKの部屋は十分な広さで、特に不満も感じず暮らしていました。

ところが、転機が起こったのは2年前。人生の大きな転機によって一人で暮らすことになった秋田さんは、こうなればと「心機一転」っと、リノベーションを決意したのです。

気になっていた小さな不満が、
少しずつ露わになっていった。

「マンションには満足していたんですけど、ある時期、気付くとモノがあふれかえっていたんですよね。それで、暮らしが変わったタイミングで一気に捨ててしまって。その時、なんかちょっと使い勝手が悪いなって感じたんです。というか、実は前から少しずつ気になっているところがいくつかあって・・・」

例えばそれは、寝室の配置。玄関を入ってすぐの洋室を寝室にしていましたが、外廊下に面しているため、朝は新聞配達や住民の方の足音が気になることも。また、リビングから離れているので、冬場はいくらリビングが暖かくても、反対側の寝室はひんやり。眠る1時間前から暖房をつけることが普通でした。さらに、一部屋あった和室はほとんど使われておらず、鴨居に洗濯物を干すくらいだったとか。これまでは、なんとなく気になりつつも意識していなかったそうした不便が、モノを捨てることをきっかけに、だんだん露わになっていったと言います。

「ここはこうだったらいいのにな!こっちはこうだったら便利なのにな!っていう、漠然としたイメージが色々と出てきました。でも、でもまあ無理だろうな、と思っていたんです」

理想はあるけど、無理だろう・・・。そんな秋田さんの心を動かしたもの。それが、セキスイのマルリノとの出会いでした。

どうせやるなら、ここまでやろう!
そんな気持ちにさせてくれたのは—

リノベーションに踏み切ることにした秋田さんがまず取り組んだのは、ネット検索。Webサイトでキーワードを入力して検索をし、ヒットしたいくつかの会社に資料請求を依頼しました。また、このマンションを扱っている不動産会社ならよく知っているだろうと、そこからも資料を送ってもらうことに。ところが・・・

「実は、どの会社の資料にも“いろいろなことができますよ”と謳っていて、正直その時点では、どこがどう違うかぜんぜんわからなかったんです。かといって、あまりたくさん資料請求しても、逆に混乱してしまいそう。だから、まずはリフォーム知識のない私でも会社名を聞いたことがある会社さんから連絡してみようと思ったのです。」そのうちの一つが、セキスイだったというわけです。

秋田さんが「この和室を洋室の寝室に変えて、なるべくここで生活できるようにしたい」と伝えると、ほとんどのリフォーム会社は言われたままに「では、こちらは洋室にしましょう」という提案が多かったようです。言われた通りに和室を洋室に変えるだけの、変化のない反応でした。ところがセキスイだけは、「ここに段差を設けては? ここではこの様な過ごし方にすると暮らしやすいのでは?」と、斬新なアイデアや暮らし方の提案が次々に出してくれたと言うことでした。

和室の押入れ。上部は手が届きにくく不便でした。

「変化を感じる暮らし方の提案をいっぱいいただいて、どうせやるんだったら、ここまでやった方が気持ちいいよな!と気持ちが変わってきてしまって」

「理想はあるけど、無理だろう・・・」という心を動かしたようです。

また、将来を見据えてバリアフリーを検討していると、自治体の補助制度やリフォーム控除を細かく調べ、申請書類の準備までサポートしてくれたと言います。「他社さんは、ローン会社の紹介はしてくださるんですが、控除や申請まではなかなかフォローしてくれなくて、こちらから聞いてもボンヤリとした返事が多かったんです。でも、セキスイさんは、『書類つくるの面倒くさいですよね、うちでやりますから大丈夫ですよ』と言ってくださり、すごく安心感がありました」

そこまで言われたら、もうやらない理由はない。高まった気持ちのまま、秋田さんのリノベーション・ストーリーはいよいよ本編に突入します。どこがどう、生まれ変わったのか。さっそく覗いていきましょう。

リノベーションのコンセプトは3つ。
心機一転を叶えたこだわりとは。

リノベーションのコンセプトは3つ。
心機一転を叶えたこだわりとは。

秋田さんのリノベーションには、3つの確固たる基本コンセプトがありました。それは、「1.心機一転」「2.掃除の手間を減らす」「3.ランニングコストを抑える」。

1の「心機一転」を叶えるのは、何といっても間取りの大々的な変更。大きな暮らしの変化を受けてのリノベーション。間取り変更にも大胆さが必要です。そして、そのポイントは、使わない和室をなくすこと、なるべく一か所で生活をまとめられること、の二点が秋田さんの当初からのご要望。これから一人で暮らすこともあり、動線をコンパクトに、そして無駄のない暮らしを望まれていました。加えて、在宅中はテレビを見ていることが多いという秋田さんは、キッチンからもリビングのテレビに目が届くようにしたい。遮るものをなくして、開放的な空間が理想でした。

そうすると、必然的にリビングをキッチンの横に配置することになります。その場合、秋田さんのマンションだとリビングに窓が取れなくなってしまいます。キッチン横にリビングを置くというアイデアは、秋田さんの中でもイメージはあったそうですが、ご家族の反対もあってなかなか踏み切れなかったと言います。

「リビングに窓がないって、普通じゃ考えられませんよね。えっ、リビングに窓がないの?って・・・。少し悩んだのですが、プランナーさんが背中を押してくださって。昼間はどうせ私は家にいないから、いいかって(笑)」その代わり、窓に面した場所には寝室を設けることに。一般的な間取りのセオリーよりも、住まわれるご本人が「どんな暮らしをするのか」を尊重したからこそ、生まれた間取りと言えるでしょう。

自分が暮らす家だから、
自分が「ラク」できる家がいい。

では、2の「掃除の手間を減らす」は? これはもう少し概念を広げて、家事全般・収納の視点から見てみましょう。間取りにも関係しますが、秋田さんのリノベーションで大きく変わった点として、ウォークスルークローゼットを設けたことが挙げられます。キッチンから洗面へ通り抜ける間に、大きめの収納をつくったのです。ウォークスルークローゼット内には、これまで持て余していた大きな和ダンスをすっぽり格納。それによって家事動線や収納効率がスムーズになったことはもちろん、大切な家具を無駄にしなくても済みました。

また、以前のマンションでは、女性の身長ではとても奥まで手が届かないような収納棚があるなど、“あっても使えない”収納がちらほら。そういうのはもうなくしたいと、今回はすべて用途に合わせて収納を計画しました。「私、漫画や本がすごくたくさんあるんです。梁の厚みに合わせて本棚にするとちょうどたくさん入れられるとわかって、寝室とリビングの間に壁面収納を作りました。床から天井まですき間なく本棚にしたので、デッドスペースがなくなって細かいところを掃除する手間もなくなりました」

掃除を減らす工夫は、女性じゃないと気付きにくい、小さな部分にも表れています。「照明もね、天井が低く感じないように、全部埋め込みにしてもらったんです。これだと、照明器具の掃除もあまりしなくてすみそうだし。前の照明器具は、電球の交換とか掃除とか、高くて手が届かないし、すっごく面倒くさかったので・・・。とにかくもう、それはやめたくて」

「言えば言うほど恥ずかしいですが(笑)」と照れる秋田さんですが、そうした細かい部分への配慮が、後々の暮らしやすさを決定付けるということが伝わってきます。

部屋が前ほど“もわっ”としない。
さらりと軽やかな空気の秘密は・・・

そしてリノベーションコンセプトの3つ目、「ランニングコストを抑える」は、光熱費に関わる部分。これは、リノベーションしてまだ3か月の秋田さんが、これから実感していくであろう部分です。

まず、間取りを変えて生活スペースをまとめたことで、これまでリビングと寝室で2倍かかっていた空調費は一つでまとめられるようになりました。加えて、窓にインナーサッシを入れて二重窓にしたことで、部屋全体の断熱性もアップ。「休みの日に外の騒音が気になることもあったので、遮音のためにもインナーサッシがいいかな、と思って。光熱費がどうなるか、冬が来るのが楽しみです。これまでも結露やカビに悩むほどのことはなかったのですが、今の家に入ると「モワっ」とした感じがなくて湿気感が全然違う。あ、でもこれは、床の影響が大きいかも・・・」

そう、床。秋田さんのリノベーションで忘れてはいけないのは、部屋全体に心地よい雰囲気をもたらす、杉の無垢床の存在です。天然木である無垢材は、夏場のじめっとした湿度を吸収し、逆に乾燥する冬場には湿気を放出する性質があります。見た目だけでなく機能性にもすぐれたこの無垢床、実は、一般的なフローリングを考えていた秋田さんにセキスイから提案したもの。秋田さんがセキスイの提案に興味を持たれた、最初のきっかけでもありました。

「私、こういう床(杉無垢床)は全く考えてなかったんですね。予算的なこともありましたし、床は基本的に『あればいい』くらいな感じで(笑)。でも無垢床をご提案いただいて、実際にこの床を使ってらっしゃるお宅も見せていただき、『あ、こういうところに居られたら家にいてもテンションが上がるんじゃないかな』って・・・」

「無難なものにしすぎちゃうと、
ワクワク感が減ってしまうでしょ?」

「無難なものにしすぎちゃうと、
ワクワク感が減ってしまうでしょ?」

この床なら、家にいても楽しめそう—その直感は、間違っていませんでした。その調湿性もさることながら、木ならではの質感や、明るくやわらかい色合いは、それまでの秋田さんの部屋にはなかったもの。そうしたデザインを思い切って取り入れたことで、まさに「心機一転」の言葉通り、家への考え方に変化が生まれたのです。寝室の基調となっている青色の壁もまた、そんな“思い切ったデザイン”の一つです。

「昔から私、青が好きだったんです。でも今までインテリアに取り入れたことはなくて・・・。だけどせっかくリノベーションをするなら、好きな色を使おう! って。そのセレクトに関しても、セキスイさんに『好きな色で行った方がいいですよ』と背中を後押ししてもらいました」白だと汚れとか目立つんじゃないか、青は派手じゃないかなど保守的な考え方をしていた秋田さんに、「ではこちら側は白にして、一面だけ青にしましょう」とセキスイがアドバイス。思いもよらなかったそのデザインを、秋田さんはすっかり気に入られました。

「へえー! そういう手があるんですかって驚いて。デザインの部分って生活に与える影響が大きいですよね。だからあんまり無難なものにしすぎちゃっても、なんとなくワクワク感が減ってしまうような気がするじゃないですか。コーディネートとか本当にわからなかったから、細かいところまで相談に乗っていただいて助かりました」

清々しさとブルーに囲まれて、
新しい暮らしが幕を開けた。

女性一人、初めてのリノベーション。ここまで来るには、当然悩みや不安もたくさんありました。

「せっかくご提案いただいても、ごめんなさい、やっぱりやめます、とお断りすることもありますよね。そのあたりのさじ加減って、最初はよくわからない。こんなこと聞いてもいいのかなって思うこともたくさん・・・。でも、セキスイさんは『とりあえず聞くだけ聞いてみよう。時々はわがままも言ってみよう』と思わせてくれて、結果的に満足度が上がりました」

また、引っ越しや荷物の預け先など、男手がないと不安な部分も、信頼できる業者を紹介してくれるなどきめ細やかにフォローしてくれたとか。「こんなことまで甘えていいんですか、というくらい親切にしていただいて」と秋田さんは振り返ります。

「リノベーションでまるっきり変わったこの家を見て、『それならこのマンションを売ってどこか別の新しいところ買えばよかったのに』と言う方もいたんです。でも、新しいところ行ったら行ったで、結局前みたいな間取りになるだけ。今ある暮らしの不満は解消されませんよね。だからやっぱり、この場所でリノベーションして良かったなあって思います」

今までは休日も外出されることが多かったという秋田さん。でも今は、少しでも時間が空くとすぐに家に戻ってきてしまうそう。「引きこもりになっちゃうくらい心地いい」と語る秋田さんの笑顔には、ブルーの壁に負けないくらいの、清々しさが溢れていました。