ダイジェスト版を音声で聞くかたはこちら

積水化学グループのマルリノのグッドリノベーションストーリー。ご夫婦,お子様・子育てファミリー・2LDK+WTC。「育ち盛りをそっと見守る。アイデアリノベーション」のリノベーションストーリーをお届けします。

すくすくと成長する子供のために
子供部屋を作ってあげたい。

森野さんのお宅は三人家族。40代の働き盛りのご夫婦と、小学生4年生のご長男という家族構成です。ご主人は日焼けした肌がたくましいスポーツマンタイプで、「夏はヨット、冬はスキー」と、仕事の合間に大好きなスポーツに挑戦中。腕前も玄人はだしで、一年中日焼けで真っ黒なんだとか。そして、そんなアウトドア派のお父さんを追いかけるように、ご長男も山へ海へと飛び出す活発なスポーツ少年に成長しました。そのお子さんも10歳を過ぎて、小学校高学年。勉強も忙しくなる年頃です。

森野さんご夫婦は、思春期を前にしたお子様のために「そろそろ子供部屋を作ってあげなくちゃ」と、住まい全体を一から見直すフルリノベーションを決心しました。家族全員が意見を出し合い、一喜一憂しながらのにぎやかな家族プロジェクト。約半年かけてできた新たな住まいの出来映えは?と、奥様の顔を見ると、自信たっぷりの笑顔です。それもそのはず、出来上がった住まいは普通の住まいとはひと味違う、アイデアいっぱいのオンリーワン仕様だったのです。

子供部屋のある住まい

一度目のリノベーションは
「部屋の半分」だけ。

今回のストーリーの舞台は江東区木場。たくさんの堀割や運河が縦横に走る「水の街」としてご存じの方も多いのではないでしょうか。これまで「転勤の度に社宅を転々とする生活だった」とおっしゃる森野さんご夫婦がこの地に引っ越してきたのは12年ほど前のことでした。

「もともとよく知ってる町だったの。生まれが、隣の門前仲町だったから」とおっしゃる奥様。会社への通勤の便利さもあり、ご夫婦は木場周辺に狙いを絞ってマンションを探されていました。

最初は新築マンションを探したもののちょうどいい広さの物件がなく、その後狙いを中古物件に切り替えて、現在のマンションに出会いました。

「広さが十分にあったのと、マンションのすぐ後ろが川になっていて眺望も良かったので決めました。新築マンションにはそれほどこだわりはなく、環境的な住みやすさを優先しましたね」

しかし購入したマンションは当時で築20年。「間取りが古い」ということもあり、森野さん夫婦は購入と同時に、内装業を営む知人に相談し迷わずリノベーションを決心されました。これが森野さんご夫婦にとって最初のリノベーションを行う機会となったのです。

同じマンションで、
二度目のリノベーションを決意。

子供の通学圏でマンション探し

まもなくお子様が生まれると、生活は子育てを中心に回りだします。すくすくと成長されたご長男は10歳(小学4年生)になりました。背は大きくなり、ものの考え方も大人びてきます。森野さんご夫婦は、新たな住まいの必要性を少しずつ感じはじめていました。

「そろそろ思春期。6年生になるまでには、自分の部屋を作ってあげないと」と奥様。

ご夫婦は、子供部屋のある住まいを求めて再びマンション探しを始めました。「子供の通学圏を変えたくないのでこの周辺に絞って探しました。ところが東京オリンピックの影響なのか、マンション価格がすごく高騰していて、どこもみんな狭くて高いの。新築のタワーマンションもどんどん建っているけど、見に行ったら、間取りも選べず便利とは思えなかった」

思うようなマンションが見つからず、ご夫婦が選んだ選択肢は、なんと「同じマンションで二度目のリノベーション」。しかし、「仕方なく」という思いはありません。

「一度リノベーションしてるから、どういうふうに進めればいいかもわかっていたし、新築マンションを買うよりも、こっちの方が自分たちの思ったとおりの住まいが作れることがわかっていたからね」

こうしてご夫婦は、再びリノベーションに新たな夢と理想を描き始めました。

こだわりはたくさん。しかし、業者の対応は、重く。