積水化学マルリノのグッドリノベーションストーリー。ご夫婦,お子様・子育てファミリー・3LDK+WIC。「ピアノが深めた家族の絆。ご実家リノベーション」のリノベーションストーリーをお届けします。

ちょっとした工夫だけで、
暮らしがこんなに変わるなんて。

のびのびと広がる心地良いオープンLDK

オープン性を重視した空間にするため、リビングはあえて大きな家具や区切りを設けないプランに。壁を向いていたI型のキッチンは、リビングに面した対面式キッチンに変更。調理と収納に十分な最低限の広さだけを残し、できるだけリビングに面積を取るようにしました。完成したのは、のびのびと広がる心地よいオープンLDK。

次の課題だった玄関は、隣接する脱衣所のスペースを縮めてその分を玄関収納にし、スペースを拡大。ご家族の趣味であるキャンプの道具などをまとめてしまえるようになり、ベランダに置いていた物置が不要になるといううれしい効果も。また、玄関を抜けてすぐの廊下には、小さな納戸が設けられています。

「これは主人の要望なんです。朝が早く帰りも遅い仕事なので、私が寝ている時間に身支度をすると、電気をつける音などが気になるみたいで。だからプライベートの服をしまう寝室のクリーゼットとは別の場所に、仕事着をかける場所をつくってほしいと」

ご主人からの要望はそれだけだったと言いますが、ご家族への気遣いが感じられるリクエスト。こうしたささやかな配慮一つひとつが集まって、みんなが快適に暮らせる住まいが出来上がりました。

「あまり配置を変えなかったので、そんなに変化はないかなと思っていました。でも住み始めてみると、ちょっと変えるだけでこんなに変わるんだって、もうびっくり。使い勝手も良くなったし、全体的に明るくなりました」

リノベーション後の間取り

見た目だけのオシャレより、
“本当にいい素材”を選びたい。

キッチンの床に磁器タイルを採用

使い勝手が良くなった、という点に関しては、間取りのほかに素材選びも大きく関係しています。

「前に住んでいた家は、床が木目をプリントしたビニール製のシートで、それがすごく嫌だったんです。物を落とすとすぐに下の素材が見えるし、汚れも付着しやすい気がして。だから床は絶対に木材にしたかった」

そう話す奥様の想いに応えるべく、セキスイが用意したのは4種類のサンプル。おすすめは人気も高い杉の無垢材でしたが、高木家が選んだのは衝撃に強いカバザクラ。お子様たちが走り回ったとき、ツメなどで傷がつかないようにとの理由でした。中でも木目が目立たず色も薄めのものをセレクトしたので、見た目もすっきり、空間を明るく見せてくれる効果もあります。

キッチンの床には、悩んだ末にタイルを採用。タイルは冬場にやはりかなり冷えるので、当初はセキスイからもビニール床タイルを提案していました。が、高木様は素材感や高級感、安っぽく見えないことを重視し、結局磁器タイルに。見た目が良いことはもちろん、油汚れも落としやすいと大満足です。

素材へのこだわりはバルコニーにも。もともとバルコニーの床はコンクリートでしたが、マンションの大規模修繕でビニールシートに改修され、「なんだかペタペタする」と不満だったそう。リノベーションではセキスイのバルコニー用床化粧材「クレガーレ」を採用し、こちらも素材感の良さが感じられるワンランク上のバルコニーになりました。

「見た目はまるで本物の○○」「もっと手軽に○○風」「低コストでおしゃれに」。リノベーションに限らず、最近こうしたフレーズをよく目にします。でも高木様は、「低コストじゃなくていい。おしゃれじゃなくていい」と、そうした提案には懐疑的でした。もちろん、必ずしも天然や本物素材にこだわらなくても、ビニールや特殊素材などを使った機能的で質の良い素材が世の中にはたくさんあります。そうしたものを一概に否定するのではなく、大切なのはそれぞれの価値観と使い勝手のバランス。見た目の好みや掃除のしやすさを総合的に考えた結果、自分たちが納得して心地よく使えるものを丁寧に選ぶ。そんな高木様の姿勢は、リノベーションにおいてぜひ参考にしたい考え方です。

見えない部分も安心できる。
長く暮らすために欠かせない視点。