積水化学マルリノのグッドリノベーションストーリー。ご夫婦,お子様・子育てファミリー・2LDK+WTC。「結露に終止符。居心地改善リノベーション」のリノベーションストーリーをお届けします。

「マンションって、こんなもの?」
結露に悩まされ続けた20年。

20年悩まされ続けた結露

 冬の朝。カーテンを開けると、そこにあるのは結露で濡れた窓。ワイパーで拭き取る。サッシにもパッキンにもカビが生じて、玄関には水たまり。それもワイパーで拭き取る。20年間、冬の間はずっと毎日。「マンションってこんなもの?」 そう思いながら――。

都内のマンションにご家族4人で暮らす大森様の日常は、まさに湿気との闘いでした。ご主人のお勤め先の社宅を転々としたのち、現在のマンションに居を据えたのは20年前。湿気の多さに気付いたのは住み始めてからすぐのことで、2月に入居し、数カ月後の春にはすでに北側の壁にうっすらとカビが発生していたと言います。

「それまで社宅を転々としてきて、きちんとマンションに入ったのは初めてでした。まず湿気のひどさにびっくりしましたね。これとどう付き合っていこうって……。最初のうちは掃除もがんばっていたのですが、カビと結露って追いつかないんですよね、毎日のことなので。途中からはあきらめモード」

そう語るのは奥様。とはいえ、ご家族が暮らす家なので、そのまま放置するわけにもいきません。冬場は窓や玄関の結露をこまめに取っていましたが、それでは追いつかず、入居10年目を過ぎた頃、ついに結露対策のリフォームを実施することに。大森邸、最初のリフォームです。ところが……

“だましだまし”のリフォームでは
解決どころか状況は悪化。

解決できずリフォーム会社へ相談

リフォームしたのは、湿気が特に多かった北側の二部屋。壁の内側に断熱材を入れ、窓をインナーサッシに交換しました。これでなんとか落ち着くだろう……と思いきや、期待は大いに裏切られ、結露はまったく収まらなかったそう。結果的に、二重窓の内窓と外窓、両方についた結露を拭く羽目になってしまいました。解決どころか、状況は悪化。
そうするうちに時が経ち、築20年を間近に水まわり設備の交換時期が近づきます。上のお嬢様は一人暮らしを始められ、末のお嬢様は間もなく受験に突入するころ。

「夫は基本的に夜寝るために帰ってくるので、(結露問題を)そんなには気にしていませんでした。でも、私が結構もう我慢できないな、と。当時のマンションは、一般的にまだ断熱材をそんなに重視していなかったのでしょうね、玄関を開けた瞬間から湿気たカビのにおいがすると、ここで生活していて大丈夫なのかなと思うほどでした」

早速ご主人のお勤め先の福利厚生部門からリフォーム会社を何社か紹介してもらい、その中からセキスイともう一社別の会社に話を聞きに行きました。「部分的なリフォームでは解決しないかも」と相談すると、どちらの会社からも、「水まわりも交換して、傷んだ床もリフォームして。小さいリフォームを何度もするなら、一度に大規模なリノベーションをされたほうがいいのでは」とアドバイスが。少しずつ、少しずつの対策ではカビは無理だとわかっていた奥様は、ついに、大規模リノベーションを決意されたのです。

リノベーション前の間取り
限られた時間のなかでも、
ポイントを絞って効率よく理想を形に。