引っ越しに伴い、築27年のマンションを大改装。リノベーション初心者の奥様を忙しいご家族に代わって支えたのは、「感性がぴったり」のマルリノプランナーでした。

リノベーションって、
リフォームとは
何が違うのだろう。

「リノベーション」とは言うけれど、ところでリフォームと何が違うの? 」

言葉は耳にしたことがあっても、そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回のグッドリノベーションストーリーの主人公である笠間邸の奥様も、実はそんなお一人でした。

「主人が言い出したんです、『リフォームじゃなくて、リノベーションをしよう』って。私はその時まだよく意味が分かっていなくて、『はぁ』って言って調べ始めたの。最初は壁をきれいにするとか、和室を洋室に変えるとかそんなイメージでしたが、主人が『間取りも変えるよ』って……」

笠間様がリノベーションを検討され始めたのは、ご自宅の引っ越しがきっかけ。それまでは戸建住宅にお住まいでしたが、ご主人のご両親が所有するマンションの最上階にご家族5人で移り住むことになったのです。引っ越し先のお部屋にはもともとお姉様がお住まいでしたが、築27年が経過し老朽化も気になる状態。引っ越しにあたってなんとかしようと考えている中で、ご主人とお姉様から「リノベーション」というアイデアが挙がりました。

「業者さんを探しながらリノベーションについて調べていくと、リフォームとは全く違って色々できそう。お風呂の広さやキッチンのつくりも気になっていたので、どうせやるなら自分たちの住みやすいように変えてしまおう、と決めました」

リノベーションは、どうやら可能性が広がりそう。色々なことが実現できそう……。そんな予感とともに、笠間様のリノベーション・ストーリーが幕を開けました。

イメージや課題を丁寧に拾って、
完成形を描いていく。

笠間様とマルリノとの出会いはWEBサイト。リノベーションについての情報収集をしている中で、施工事例の写真に惹かれて目を留めました。他にも数社を検討し、それぞれ直接話を聞きに行くなどされましたが、マルリノは「感性やフィーリングがすごく合った」と笠間様は振り返ります。

「他社さんでもイメージに惹かれたところはありました。でも、実際に自分がこういう感じにしたいと要望を伝えてプランニングを考えてもらって、そのうえで気に入ったのがマルリノさん。言われたことを形にするのってすごく難しいことですし、自分でもイメージをなかなか言葉にできませんが、それをうまく引き出してくれて。あ、私はこういう風にしたいんだ、とイメージがまとまっていくみたいな感じでした」

さらにマルリノとのやり取りの中で、「勉強させてもらった」ともおっしゃる笠間様。その一つが「断熱の大切さ」です。

「ここに住んでいた姉から、夏は西日ですごく暑くなることや下階の音が響くことなどを教えてもらって。昔の建物なので断熱材がちゃんとしてないんだろうなと思いました。ただ、私も最初から『断熱材』という言葉を知っていたわけじゃなくて、マルリノさんに行ったときにそういった話を教えていただいて」

見た目のことだけではなく見えない内部の構造や性能についてもマルリノで話を聞いていたので、その後他社に話を聞きに行くときも、そのことが頭に残っていたと言います。ただきれいにすればいいのか、“住みやすい家”を作るのか。そこを比較した結果出た答えが、「マルリノのリノベーション」でした。

そうして話を重ねる中で、笠間様のリノベーションテーマがいくつか明確化されていきました。まず性能面では、何より断熱性を改善して住まいを快適にすること。そして間取りでは、高校生から大学生までの3人のお子様とご夫婦、それぞれのプライバシーに配慮して5つの寝室を設けること。また、ご家族共通の趣味であり、ご主人のお仕事にも関わるスポーツのウェアやグッズ類をしまえる収納を充実させること。最後に、奥様のこだわりである対面キッチンとお洒落な洗面を実現させること。

……こうして書き連ねると、すべてを実現するには大変そうな課題にも思えます。でも、そこは奥様も認めたマルリノ。広がるイメージを丁寧に拾いながら、じっくり形にしていきました。

断熱性を改善させたら、
家全体がまるで「魔法瓶」のように!

断熱性を改善させたら、
家全体がまるで
「魔法瓶」のように!

マルリノでリノベーションすることになり、現地調査を行ったのは真夏のこと。太陽に照らされた最上階の暑さは言うまでもなく、「エアコンをガンガンにかけても汗だく」。風通しも悪く、奥の角部屋は熱がこもって特に高温に。暑さ・寒さ問題は特に心配だったとおっしゃる笠間様ですが、さて、リノベーション後は……

「本当に家全体が涼しくなりました! 入居したのは8月の半ばでしたが、エアコン一台で全部の部屋が冷えるっていいなあ、やっぱり断熱ってすごく重要なんだなって驚きました」

断熱性はもちろん、間取りを変えて風通しも良くなったことで家全体に風が回りやすくなったことも冷暖房効果を高めた要因です。そしてこの驚きは、冬にも再び実感することに。

「今年は特に寒い冬でしたが、昼間は暖房をほとんどつけませんでした。もちろん夜はつけますが、家全体がすぐに暖まります。戸建のときはエアコンと床下暖房をつけていましたが、それでも戸建のほうが寒かったですね。ここは保温されている感じがして……魔法瓶みたいなイメージ」

さらにわかったことは、断熱性を高めることでエアコンを使う頻度が減り、電気代の節約にもなると言うこと。そうしたことは、普段の生活ではこれまでなかなか考えないことでした。しかしリノベーションを経て断熱材の重要性に気付いたいま、笠間様はどこにいても断熱性がついつい気になるようになってしまったとか。

「勤め先の会社がすごく寒いんですよ、足元から冷えてしまって。だから『ここ、断熱材入っていないんじゃないの?』とかすぐ言っちゃうように(笑)。本当に、リノベーションを通じて勉強させてもらいました」

プライバシーと団らんの
ベストバランスは家族それぞれ。

断熱性以外のリノベーション課題についても見ていきましょう。まず、最優先課題であった「5人分の寝室」。マンションで寝室が5つ……一般的に想像すると、かなりのスペースが必要そうです。しかもここにはさらにご要望があり、それは将来“可変”できること。大学を卒業すれば、じきにお子様たちは独立されてご実家を離れます。そうなったとき、使わなくなった寝室同士をつなげられるようにしておきたい、というわけです。

解決策となったのは、寝室同士を引き戸で仕切るというアイデア。まず、もともと洋室と和室が並んでいた場所を広めの洋室一間に変え、その中を引き戸で仕切って3つの寝室にしました。将来引き戸を取り払えば、一間として使えるようになります。残る2つは、別の洋室と浴室があったスペースに2部屋設けて確保。従来の一間よりは小さい寝室になりましたが、ご家族はそれでも大満足。実はこれには、マルリノプランナーのある発見が功を奏しました。

「お子様の話や普段の過ごし方をお話しているうちに、笠間家は皆さん仲がよくて、ご兄弟も男女いらっしゃるけどすごく仲良しだと分かったんです。それなら、そんなにきちっと部屋を仕切らなくても大丈夫では、と。それよりもリビングを広くした方が、ご家族が揃って気持ちよく過ごせると思いこのプランを提案させていただきました(マルリノプランナー)」

5つの寝室を設けながらも、リビングダイニングはしっかり広さをキープ。以前はダイニングの隣に独立していたキッチンを対面式に変えたことで、より開放感が高まりました。断熱性のおかげで広くても快適に過ごせる、まさにプランニングの狙い通りの「団らんの場」です。個人で過ごす空間と、共有の空間。メリハリのあるスペース分けを行ったことで、空間が使いやすくなりました。

洗濯ものが片付いた部屋で
くつろげるしあわせ。

洗濯ものが片付いた部屋で
くつろげるしあわせ。

リノベーションは、住まいの間取りや性能をガラリと変えるもの。そしてそれ以外にも変えるものといえば、そう、生活スタイルです。笠間邸の場合、もっとも大きな生活スタイルの変化は、廊下と玄関脇に設けた集中収納によってもたらされました。

寝室を引き戸で仕切っているため、笠間邸には各寝室にクローゼットがありません。かといってそれぞれの衣類が少ないかと言えば、むしろその逆。共通の趣味であるバドミントンのウェア類や、スポーツ一家ならではの大量のタオル、そしてグッズがあり、戸建のころから収納の悩みでした。

そこでまず、廊下の壁面に床から天井までたっぷり衣類がしまえる収納スペースを設置。そこに家族5人分の衣類をまとめて収納できるようにしました。収納扉代わりのロールスクリーンを下げれば見た目もすっきり、とても収納には見えません。また、玄関の横にはバドミントンのウェアや道具用のウォークインクローゼットを設置。帰宅後さっと道具類を置けるので、以前はリビングなどあちこちに置きっ放しになりがちだったという道具類も、まとめて収納されています。

「生活動線がすごくラクになりました。家族みんなが使いやすいって言っていますね、あそこにクローゼットがあるので上着をさっと掛けられますし。私は何より洗濯がラクになりました。今までは畳んでそれぞれの部屋に持っていっていたんですが、大変で……。今は一カ所にまとまっているので、そこに洗濯した服を掛けるだけ。ラクになったので、みんなの分までどんどん片付けちゃうんです」

家事がスムーズになると、面倒に感じる気持ちがなくなります。すると、時間の使い方まで変化したと続ける笠間様。

「以前は夜に洗濯して、部屋のそこらじゅうに干していました。でも今は、朝洗濯してから浴室乾燥機を使います。仕事から帰宅する頃には乾いているので、あとは畳んで一か所にしまうだけ。おかげで、洗濯物のない部屋で気持ちよく夜を迎えられるようになりました」

譲らなかったこだわり洗面。
完成形に思わず「わぁ!」

洗濯などの家事もそうですが、5人が暮らす家での日常生活を効率よく回すことは結構大変。特に朝夕の洗面所の大渋滞は、大家族によくある問題です。十代のお嬢様がいらっしゃる笠間邸もまた、洗面所の取り合いが起こっていたそう。今回、お風呂横の脱衣所に設けたドレッサーとは別にキッチン脇に小さな洗面台スペースを設けたことで、その大混雑が緩和されたと言います。

「前の家はお風呂と洗面所が一緒で、娘はお風呂上がりにそこでドライヤー始めるんですよ、鍵をかけて。そうすると誰も使えない(笑)。でも今は、もうひとつの洗面スペースで髪を乾かすので他の人がお風呂に次々と入れるようになりました。朝も、お化粧する人はここでゆっくり、歯磨きをするならあっちで、と分けられます。娘もたぶん喜んでいますね、せかされないから(笑)」

そのキッチン脇の洗面スペース、実は奥様が「絶対に折れなかった」とおっしゃるほどのこだわりポイント。雑誌に出てくるようなかわいらしさのある空間にしたいと、海外製のボウルにモザイクタイルを組み合わせてイメージを形にしました。

「髪くらいは洗えたほうがいいかとか、男性はもっと機能重視かとか、悩むこともあったのですが、でもあそこだけは譲らず。完成したものを見た時は、思わず『わぁ!』って(笑)。 自分の家じゃないみたいな……本当にあそこは、こだわってよかったです」

リノベーションは機能や間取りの変更だけではありません。笠間様がおっしゃる通り、自分の好きなテイストや憧れていた空間を、“自分の家で”実現できる。その「理想イメージの具現化」こそ、積極的にリノベーションを考えることの醍醐味と言えるかもしれません。

「一緒に作る」ことで、
不安が楽しみに変わった。

最初はリノベーションが普通のリフォームとどう違うかわからなかった笠間様。理想の住まいを実現された今、改めてこんな風に振り返ります。

「リノベーションは、自分で一つひとつ考えて形にしていく“ものづくり”みたいな感じ。ただ部屋を直すだけじゃなくて、壁紙一つでもしっかり考え、たくさんある中から選び、それをイメージにぴったりはめていく。そして、それを一人ではなく誰かと一緒にやるからこそ楽しいんだと実感しました。一緒に作っていく感触がすごく楽しかったですね」

その「誰か」とは、例えばマルリノのプランナーがそう。最初から「感性が合っていた」と感じられただけあって、笠間様とプランナーとの趣味はぴったり。ショールームへ一緒に足を運んでも「彼女(プランナー)の好きなものは私も好きだし、喋っていても『え?』と思うことが全然なかった」とか。

そうした笠間様のお話を聞いていると、リノベーションという「イメージの具現化」において、それを側でしっかり支えてくれるパートナーがいることこそ重要なことなのかもしれないと思えてきます。まさに笠間様にとって、マルリノプランナーがそうであったように。

「そう、引き出してくれるんですよ、自分が思っていることを。なかなか言葉にはできなくても、少しずつ少しずつ糸を探るように……。実は私、最初は引っ越すことがすごく不安だったんです。前の家での暮らしが長かったですし、あの街には学生時代から住んでいたので。でもリノベーションすることになって、部屋がどんな風に出来上がるのかがどんどん楽しみになって、引っ越しをプラスに考えられるようになれました。それも、マルリノさんを選んで良かったと思うところです」

新しい暮らしへの不安を、楽しみに変えてくれる人がいる。一緒に考え、手助けしてくれる人がいる。リノベーションはきっと、「誰かと一緒にやる」から上手くいくのでしょう。次はもしかすると、笠間様ご自身がサポート側に回る日が来たりして……?

「あっちこっち見に行ったりして忙しかったですけれど、完成した直後よりもむしろ作っている間の方が楽しかったかも。クセになりそう、もう一回やりたいくらいです(笑)。もし娘や息子が結婚したら、アドバイスしちゃうかもしれませんね。自分で作ってみるのもいいよ、って」